セラミックのクラウン|気軽に通院できる歯科に通おう|安心して通えるクリニック

気軽に通院できる歯科に通おう|安心して通えるクリニック

歯医者

セラミックのクラウン

子供

本物の歯に近い色合い

虫歯などによって歯が大きく失われた場合、歯科では歯にクラウンを取り付けるという治療がおこなわれます。クラウンとは、周辺を削ることで細くなった歯に、かぶせるように取り付ける義歯のことです。歯茎から露出している部分が全て失われていたとしても、根が残っていれば、そこに軸を埋め込むことで、クラウンを取り付けることができます。クラウンは、多くの場合はパラジウム合金という金属で作られます。しかし昨今では、オールセラミックと呼ばれている、セラミック製のクラウンが注目されるようになっています。セラミックは、金属と異なり歯に似た色合いをしています。そのためオールセラミックのクラウンは、本物の歯との見分けがつきにくく、義歯ということを人に気付かれずに済むのです。

口腔内のトラブル防止

金属のクラウンの場合、健康保険が適用されるため、治療費は1〜3割負担で済みます。それに対してオールセラミックは、健康保険が適用されず、治療費は10割自己負担となります。それでも高い需要があるのは、オールセラミックに、見た目におけるメリットだけでなく、口腔内の様々なトラブルを防ぐというメリットもあるからです。金属のクラウンの場合、腐食によって口臭が生じたり、歯茎が黒ずんだりすることがあります。また、金属アレルギーの症状が突然出てくることもあるのです。しかしオールセラミックの場合はそういった心配はなく、そのものの美しさも歯茎の美しさも保たれます。金属ではないので、金属アレルギーのある人でも、安心して取り付けることができるのです。